AGA治療でフサフサヘアを取り戻せ!~原因押さえて抜けない髪へ~

症状や対策を行おう

男性の大きな悩み

ガッツポーズ

AGAに悩まされている男性は多く、薄毛や抜け毛は非常に問題となっています。第一印象に大きな影響を与えてしまうため、適切なケアや対策を日頃から行なっておく必要があります。ですが、AGAの原因について、しっかりと把握しておかなければ、適切なAGA治療や対策を行なう事が出来ませんので、確認していきましょう。まず、AGAの悩みが多く発症する年齢は30代以降の男性の方です。生え際から抜けていき、髪の毛が細くなってしまうという減少が見られます。AGAは年齢と共に進行してしまうもので、完全に治療を行なうことが難しいため、早い段階でAGA治療や対策を行なっておく必要があります。早い段階から薄毛の進行を押さて髪を維持していくことが、AGA治療や対策にとても大切なのです。

原因を知りましょう

AGAの主な症状は、生え際から薄くなっていく事が多く、特に前面から薄くなる傾向にあり、10代から進行が始まってしまう事もあります。また、AGAだけでなく、ストレス等が原因で脱毛症になるといった事もあります。そのため、見た目で判断する事が難しいという事もありますので、認識程度で覚えておきましょう。髪が薄くなり抜ける原因として、髪の成長に周期があり、大きく変化してしまうというのが原因です。髪は生えてくるまでに成長過程があり、サイクルを繰り返すことで髪の量が増えていきます。そのサイクルは、成長期から退行期、休止期となっています。AGAは、この成長期が極端に短くなることから、髪が成長しきれずに薄い状態になり、髪が抜けやすくなってしまうのです。AGAの抜け毛についての原因として、男性ホルモンに問題があり、男性ホルモンのひとつに、テストステロンと呼ばれるものがあります。テストステロンというホルモンは、5αリダクターゼという酵素の働きにより、髪の毛の成長を阻害してしまう働きを持つ、ジヒドロテストステロンというホルモンへ変化してしまうのです。このジヒドロテストステロンというホルモンがAGAの主な原因とも言われているのです。ですから、AGA治療に使われている医薬品を使用して、ジヒドロテストステロンの悪い効果を抑止する必要があるのです。他にも、薄毛やハゲの原因には遺伝から起こると言われています。AGA治療は、これらの原因や症状を緩和して自身の髪をしっかりと育成していくというものです。なので、早い時期から対策を行なっておくことがAGA対策にもっとも有効だと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加